記事一覧

MING 初のダイバーズ、「18.01 H41」を1か月使ってみた~実機レビュー

大変遅くなった。11月半ばに到着し、今日まで毎日装着していたわけだが、どういうわけだか今年は「本業」がこの期間バタバタしており、夜中のZoom会議とか、はたまたプライベートでは親の介護とか、なかなかしんどい状況で、今まで結局このレビューに手を付けることができなかった(他の記事も書けなかったが・・)。

結論を先に言うと、「秀逸」の一言である。この値段(約35万円)で文句を言う人などいないだろう(もちろん、買った人の中で、である)。それでは見ていこう。例によって写真が多く、長くなるが最後までお付き合いいただけると幸いである。



16.5cmの手首に40㎜のダイバー。12.9㎜の厚さは、日本人にはぴったりのサイズか、と。

さて、まずはおさらいとして、こちらをご覧いただきたい。8月7日にウェブで受付を開始、少数しか作らないというのもあるが、10分とかからず売り切れてしまった。筆者は、幸運なことに間に合ったので、少し早いクリスマスプレゼントに恵まれた。私はプレスリリースは先に見ていたので情報を先に知っていた、と思われるかもしれないが、実際にはMINGからのニュースレターにサインアップしていれば、そのしばらく前にちゃんとすべての人に公平に、何日の何時から受け付け開始、というのは知らされていたので、申し込みに関しては、私も皆さんと同じスタートラインであったことはご理解いただきたい(我々はジャーナリストではないので)。


こちらが届いたパッケージ。時計だけ買った人は上の大きめの箱だけ。私は一緒にスペアのカラフルなラバーストラップもゲットしたのでそれが入っている箱。

ちなみに、時計製造はすべてスイスで行われているが、最後のクオリティ コントロール、アクセサリー(ストラップ取り付け、箱詰め、保証書等々)と、商品の発送はMING氏の本拠地であり、本社として(スイスももちろん第二本社の位置づけ)の機能があるマレーシアから来た。


また、リューズの操作性はしっかりとした「カッチリ感」である。時刻調整の「あそび」は少なく、針飛びもなく、リューズを引いた時の「カチッ」に「ハズレ」はない。要するに、時刻調整などにイライラしないので快適なのである。


【関連記事】:https://mihuan5868cdb.wordpress.com/

コメント一覧

服装流行スタイル URL 2021年12月16日(木)15時52分 編集・削除

世界各国から届く最新ファッションやコレクション速報、海外セレブ情報のほか、感度の高いスナップ写真に、ビューティ、占いの情報をお届け

海外セレブやモデル URL 2021年12月16日(木)16時31分 編集・削除

今週のシュプリーム 2021年秋冬は、今季最注目〈ティファニー〉とのコラボアイテムが登場。